FXとバイナリーオプションどっちが稼げる?

初心者の方から1番多い質問に今日はお答えします!

バイナリーオプションツールブログSOGAダイアリー 😆

よく、初心者の方から頂く質問の1つでFXとバイナリーオプションどっちが稼げますか?という質問をよく頂きます。

正直どっちもどっちなんですが大切なのはどちらから先に入るか?だと思います。
FXの基礎知識があれば、必ずバイナリーオプションでも活きます。
FXの基礎知識としてテクニカル分析ファンダメンタル分析という物がありますが、バイナリーオプションで1分取引や5分取引などの
短期取引を行う場合は、FXでの取引方法の1つでもあるスキャルピングという取引方法が似ていますので、テクニカル分析に特化した勉強を行えば、FXでのスキャルピング取引やバイナリーオプションで幅広いトレードが可能になります。

では、どちらが稼げるのか?
バイナリーオプションには(ハイ/ロー)期限がきたタイミングで、指定レートよりも円高に進んでいるか、円安に進んでいるかを予測する取引

(ワンタッチ)期限が来るまでに、指定レートにタッチするか、しないかを予測する取引(レンジ)期限が来るまでに、指定されたレンジ幅(1ドル95円~100円など)の間から出ないことを予測する取引

と取引形態に種類があります。
UNIONは(ハイ/ロー)をメインに取引していますがFXも取引形態は(ハイ/ロー)に似ていますので(ハイ/ロー)を例題として話をさせて頂きます。

(ハイ/ロー)にはペイアウト率という報酬に対するパーセンテージが決まっているので利益の増え方も固定されています。
1分間のトレードを行った場合、1分後の勝ち負けがはっきりしていて損益も固定されているのがバイナリーオプションです。

反対にFXは勝ち金に限りが無く予想した方向に伸びれば伸びる程、利益は上がります。
損失はロスカットというシステムを使用する事で元金以上に損失を出す恐れはありませんが、1度の取引で元金全てを失うリスクもあることを忘れないでください。

記事の冒頭でFXとバイナリーはどっちもどっちとお答えしましたが私の言いたい事が少しは伝わったでしょうか?
要するに個人の性格によって使い分けた方が良いという事なんです。
それぞれ特徴があるので、1回のトレードに夢があるのはFXですがコツコツと取引して成果を出したい方はバイナリーオプション向きです。
利益を固定されたくないが、コツコツトレードしたい方はFXのスキャルピング取引を行うなど、トレーダーの性格に合わせて多種多様な使い方ができます。

この業界で一番大事なのは自分のスタイルを作りだすという事です。
本や雑誌、新聞にテレビ、そしてインターネットなど様々なメディアから情報が発信されている中膨大な情報量を全て掌握する事は不可能なので自分の器量に合わせたトレード方法を確立させる事が大切です。
そして一番怖いのは、その情報量にパンクして迷子になってしまう事です。
必ず景気が良い、悪いとあるように、自分自身のトレードにも好調、不調という波は必ずあります。
その時に(稼げる)というワードは非常に魅力的なワードと共に自分自身を早く落ち着けたいという焦りにも繋がる危険なワードでもあります。

どの情報に頼るかも、自分次第ですが私たちUNIONはそんな迷子になっているトレーダーに適切な情報やインジケーターを提供し、正解へ導けるブログを目指しています!
この記事をご覧になって、 少し迷子気味かもしれないと感じた方はご相談下さい。

ホットライン

ホットライン

電話のシグナルが出ると共に(プルプル♪)というアラームが鳴るので皆様はシグナルに従いエントリーするだけです
ちなみに皆様がエントリーして頂くポイントは下の画像のオレンジで囲んだポイントとなります!

ホットライン

ホットラインの注目ポイントはどの証券会社でも安定した勝率でトレードする事が出来るところです!
大抵、インジケーターには相性の良い証券会社を選んだりMT4もしくはMT5を選択しなければなりません。
また、証券会社に合わせるためにインジケーターの
細かい設定を行わなければならないのですがホットラインには一切不要なんです!

パソコンを扱う事が苦手だけど、なんとかバイナリーオプションで成功したい!という方でも小難しい設定を施す必要がないホットラインならすぐにスタートできますし、結果もすぐについてきます!
ホットラインに興味がある方はお問い合わせフォームからご連絡下さい!

ホットライン先行予約開始中

UNIONメールインフォメーション

ホットラインをお求めの方はお名前メールアドレスを記入後送信ボタンを押して下さい。
※折り返しご連絡の無い場合はこちらのメールアドレスinfo@unionbinary.netまでご連絡下さい。

著者 バイナリーオプションツールブログUNION 曽我 健

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。