タイトロープウォーキングのシグナル頻度と勝率

毎日沢山のお問い合わせありがとうございます!今日はお問い合わせの質問でも多かった部分についてお教えします!

バイナリーオプションツールブログSOGAダイアリー 😆

完全無裁量でトレードできるタイトロープウォーキングは初心者層の方からも大人気です!
メールによる質問では〔シグナルの頻度〕〔勝率〕に関する質問が一番多かったので今日はタイトロープウォーキングのシグナル頻度と勝率についてお答え致します。

まずは本日のチャート(約3時間)をご覧ください。

 

画像のようにシグナルの頻度は約1時間につき約10個ほどのシグナルが表示されます。
シグナルの勝率は厳しいテストトレードで80%以上を計測しただけあってかなり高いです。
シグナル出現パターンも、トレンドラインが交差した場合とトレンド圧が強くなった時に表示されるので予想しやすい内容となっているため、裁量によるトレードに頼らず、シグナルに従うだけで安定したトレードが可能です。
ここまでシグナルの精度が良いツールはUNION製のインジケーターには無かったので、初心者でも限りなくプロトレーダーに近いトレードをする事が可能になっています。
他にも質問をいくつか頂いていますので、来週の記事も収支報告に加え質問回答コーナーを設けてお答えしたいと思います!
タイトロープウォーキングに関して知りたい事がある方はメール下さい!

タイトロープウォーキング

タイトロープウォーキングには〔綱渡り〕という意味があります。
様々な相場をバランス良く渡り歩く事を目標にしているのでこの名前がぴったりだと思いました!
ツールが相場に合わせるシグナルを発信してくれるので、トレーダーはシグナルに従うだけというシンプルかつ高勝率の理想的なトレード環境を生む事に成功しました!厳しい条件でのトレードテストでも勝率80%を記録しており、どれだけ酷いトレードをしても勝率7割は切る事が無いと言えるほどシグナルの正確さが際立つ一品となっております。
インジケーター開発担当の秋吉もこれまで以上に気合を入れて作成した作品でもあり、8月のUNIONは一味違うというところを実感して頂きたいので、今までUNIONのインジケーターを入手した事がある方やこれからUNIONのインジケーターでトレードしてみたい方には是非使って頂きたいです!

新作インジケーター

赤いラインは移動平均線を元にトレンド発生の基準線が2本引かれています。
この間にローソク足が留まっている時は相場が揉んでいる状況であり、上昇トレンドにも、下降トレンドにも転びやすい状況であることがはっきりとわかるようになっています。
次にローソク足に沿って引かれている青とピンクのラインは買い圧、売り圧を計測し一つひとつのローソク足の値動きに合わせて上下します。
この線がクロスするときは【トレンドの転換】となり、シグナルが表示されるシステムです。
シグナルが表示される条件としては先ほどお教えした【トレンドの転換】【買い圧、売り圧の上昇】を計測し次第表示されます。 バイナリーオプションで最も勝ちやすいポイントを厳選し、シグナルが出現しますので、初心者のトレーダーはシグナルのみに従ってエントリーするだけで高い勝率を出しながら勝利できるロジックがこのインジケーターの中に詰め込まれています!

タイトロープウォーキングお問い合わせ窓口

UNIONメールインフォメーション

タイトロープウォーキングをお求めの方はお名前メールアドレスを記入後送信ボタンを押して下さい。
※折り返しご連絡の無い場合はこちらのメールアドレスinfo@unionbinary.netまでご連絡下さい。

著者 バイナリーオプションツールブログUNION 曽我 健